賃貸アパートからの引っ越しを決めた際、お世話になった方々などお礼を包みましたが、その他でも出費がかさみました。

お金のかかった賃貸アパートからの引っ越し
お金のかかった賃貸アパートからの引っ越し

お金のかかった賃貸アパートからの引っ越し

3年以上住みこんだ賃貸アパートから引っ越しを決めた際に、まず最初に行ったのが引っ越し業者に見積もりをとったことです。夫婦で協力して引っ越す準備を決めていましたが、専門の業者に頼めばどのくらいかかるのかを知りたくて依頼をしてみました。業者の方が訪れ見積もりをとりましたが、結構な金額(万単位)がかかったため、やはり自分たちだけで行うことにしました。しかし、引っ越しはその他にもお金がかかるのです。親から常々言われてきたことに、礼を欠いてはいけないという教えがあったので、お世話になった方々にお礼のあいさつを兼ねて、お菓子など購入し配り歩きました。サービス業についていましたので、10件以上は配り歩いたことを覚えています。引っ越しには、思わぬところでお金がかかるという第一印象を持ったのはこの時でした。

なるべく安く、貯えの少ない夫婦でしたから引っ越しにかかる出費は痛いものでした。そして、引っ越しの準備にもお金は必要でした。ホームセンターに行き、段ボールや、食器などを保護するスチール材などなど、一度使えば捨てるのみの商品の購入はとても悩ましげなものでした。また、大型の家具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機などを素人が運ぼうとすると大型の車が必要でした。これは、知り合いに頼んで借りることができましたが、ただでというわけにはいかず、お礼とガソリン代がかかりました。大変お世話になった土地の方々ですから、引っ越しの際のお困りごととはいえ必要な資金だったように思います。

注目記事

Copyright (C)2014お金のかかった賃貸アパートからの引っ越し.All rights reserved.